アフリカ料理のクスクス

私は以前ワーキングホリデーでフランスに1年間滞在していました。
そのときに好きになった食べ物の一つにクスクスがあります。

クスクスはパスタの一種の黄色っぽい小さな粒で、サラダにしたり、いろんな料理にすることが出来ます。
フランスにはアフリカ系の移民が多く、クスクスも北アフリカから伝わり、現在ではフランスでも一般的な食べ物として知られています。

私がフランス人の友人に教わったクスクスの食べ方は、人参やパプリカ、ズッキーニ、ひよこ豆などを入れたトマトベースのソースをクスクスの上にかけ、メルゲーズという羊肉のソーセージを添えて食べるというものです。

この料理をとても気に入って、日本に帰ってからもしばしば作って食べています。
メルゲーズは日本ではあまり手に入らないので、普通のソーセージを添えて食べていますが、クスクスは少量でも満腹感があり、更に美味しいので嬉しいです。
もし機会があれば、みなさんもこのアフリカ料理のクスクスを試してみてください。